2019年3月6日(水)

  • 潜水地:伊豆海洋公園(IOP)
  • 透明度:15m
  • 水温:17℃
  • 海況:OPEN
  • 天気:くもり

昼前に少し雨が降りましたがお天気はそれほど崩れることもなく、最後は少しお日様も顔を出したり。午前中は少し感じたうねりも時間とともに穏やかに。ダイバーも数も少なめでのんびり!ダイビング日和となりましたね。

水温は驚きの17℃!3月で17℃!3月って水温が一年で一番冷たい時期なんですけど。10年くらい前は12℃くらい。黒潮が入り込んで来てるのかな?この水温ならセミドライスーツだけで伊豆の冬は越せそうです。

一枚目の画像、なんだかよくわからないモジャモジャがフィコカリス・シムランスというエビの仲間です。うねりでゆらゆら揺れていたので撮影はかなり難儀していた模様。これ、バッチリ仕留めて欲しいなぁ…かなり小さく地味ですがカワイイです。なにより見つけた感がハンパない嬉しい。ちまちまマクロ系ダイビングお好きな方はぜひリクエストを。

送り出しの入り江でキリンミノを見つけました。目印に石ころでタワーを作っといたので見つけやすいかと思います。このカラーリング、かわいいですよね。

ゲストに意外と好評だったのがこちらのカメノコフシエラガイ。かなり地味で一見ただの変なブツブツのかたまりにしか見えないけど、よく見ると触角がちょこんと二本。これもみんなの大好きなウミウシの仲間なんです。撮りようによってはなかなか、なかなかの美しい被写体になると思います。

ヒロウミウシ。これもやたらたくさんいますね。場所的にかなりしんどいところにいるけど(笑)ピンクの鮮やかなカラーリングが魅力的なウミウシです。

フィコカリス・シムランスと伊豆海洋公園
この記事をシェアする