2019年4月21日(日)

  • 潜水地:伊豆海洋公園(IOP)
  • 透明度:8~15m
  • 水温:16〜17℃
  • 海況:良好
  • 天気:晴れ

今日は穏やかな海といい天気に恵まれましたね。まるでポカリスエットのCMになりそうなほどの陽射し、陸はぬるい南風が爽やか。こんな日はダイビングの休憩中や終了後に芝生でお昼寝したらきもちいいでしょうね。園内にはハンモックやサマーベッドも多数用意してあります!

海中はやや白濁、ブリマチ方面に行けば行くほど濁るという。春濁りっていう感じではないのですが、まあこの時期はこんなものでしょう。砂地はキレイでしたよ!水温は16〜17℃。個人的には『ほんとに16℃?』と何度もダイブコンピューターを見返すほど温かく感じましたが、まぁ、参考にはならないでしょう。

ウミスズメの若魚を見つけました。お腹が丸く半透明のスケルトンボディ。春先によく見られています。この子はとにかくかわいい。なぜか逃げることなくゲストにくっつく姿はまるで猫みたいでした。成魚になるとお腹は平らになります。

ウミスズメ撮影会にお集まりいただいたダイバーの皆様。

テンスもずいぶんと大きく成長しました。普通に見られる魚ですが危険を感じたり夜寝るときは砂に潜る!という面白い生態の持ち主です。どこかひょうきんに見える顔も人気の秘密かも知れませんね。そういえば、イロカエルアンコウの写真を撮ってませんでした。黄色の個体は見やすくてカワイイですねー。

春先にイロカエルアンコウ@伊豆海洋公園
この記事をシェアする